オランダ留学中に陰部を脱毛した体験談

私は今から約10年前、大学生の時に留学したオランダで陰部の脱毛を体験しました。日本では女性が性的な目的からパイパンにすることはありますが、男性が陰部の脱毛をすることはほとんどなく、私も聞いたことがありませんでした。しかし、オランダでは、美意識や衛生観念などから、思春期以降の男女が陰部を脱毛することが一般的で、毛が生えたままだと軽蔑されることすらあります。欧州でプレーする日本人サッカー選手の中でも、オランダ時代の本田圭佑や、安田理大などが、オランダでの陰部脱毛の習慣についてテレビなどで語っています。日本人の私には当初は受け入れがたい文化でしたが、周りのオランダ人の友人たちのススメで一度やってみたところ、最初は女性に見せるのが恥ずかしいという意識がありましたが、毛のない状態も意外と快適で、すぐに慣れました。今は日本に戻ってきて、陰部の脱毛はしていませんが、スネ毛の脱毛などには気を使うようになり、日本人の男性の中では美意識が高い気がしています。欧米の文化を吸収して発展してきたのが明治維新以降の日本ですので、日本でも男女を問わず、陰部を脱毛することが一般的になる日が来るのかもしれないなと思っています。

Comments are closed.


WP Login